【発達障害】年末年始はツラいという話

【発達障害】年末年始はツラいという話

こんにちは。八色咲夜(@sa_yakusa)です。今回は発達障害(ASD)にとって、年末年始がツラいという話をしていきます。*あくまで個人の見解です。

12月中旬から体調不良になる

前提として私は、

  • 実家住み(2022年時点)
  • 正月は家族&親戚で過ごそうのカルチャー環境
  • 親族からの発達障害の理解は何1つない

という感じで、ぶっちゃけ年末年始を過ぎると寝込んじゃうレベルで毎年疲れます。なぜ疲れるのかというと、

  1. 普段、家にいない人が家にいる
  2. 親族の集まりに顔を出さないといけない
  3. そして誰とも会話が合わない

からです。正月は実家でまったりなんで幻想で毎日が戦争という状態です。これが毎年続いているので、12中旬から身体が臨戦モード+1年間の仕事の疲労で既にクタクタになります。そこに年末年始のストレスが追加されるので1/4に仕事始めなんて無理と思い、今年は有休にしました……正直、それでも足りないくらいです。

なぜ正月がこんなにもストレスなのか

「他人に予定を崩される」のと「誰とも話が合わない」のが、同時に発生するせいだと感じています。要するに、世の中のお祭りムードに身体がついて来れないのです。私は変化のない毎日が欲しいのに、年末年始はイレギュラーしか起きません。最もキツいのは、全く話の合わない親族と話さないといけないことです。
今年は、会話の内容を分析してみたのですが『誰も会話のイニシアチブを握らず、ただの思いつきで発した言葉で会話が連鎖的に続いているだけ』のクセに『空気の読めない私が必死で紡いだ言葉は全部無視される』ということが分かりました。つまり、私以外の全員がただ喋りたいことを言ってるだけで親睦を深め合っているつもりの茶番が発生してた訳です。会話にテーマもなければゴールもない……これは発達障害(ASD)には地獄でしかありません。私は生産性のない会話が大嫌いなのに、シャワーの如く浴びたら疲れるに決まっています。その疲労を誰も察してくれず、日々の家事は遂行しないといけないので、言ってしまえば誰かに会わなきゃいけない長期休暇なんかいらないとすら思います。

今後どうするか

転職して引っ越す気はマンマンですが、それでも「正月と盆くらい家に帰って来い」と言われる気配はプンプンするので、言葉を選ばずにいうと絶縁したいです。合わないカルチャーの環境にいても、何の得にもなりません。さっさと逃げたいです。いつか、このブログで逃げ方のまとめが書けるように頑張ります!